Youtubeで動画配信中♪

PowerPoint

画像をクリックすると、Youtubeに移動します。

目次

PowerPointの基本操作

PowerPointでできること

「パワーポイントは、会社でプレゼンする人しか使わない」というのは間違い!
あらゆる場面に使える、とても便利なソフトです。
特にイラストや図形・テキストの配置が「自由自在」なので、Wordより断然操作がスムーズ!まずは何ができるか見てみませんか♪

PowerPointの画面構成

パワーポイントを始める前に「画面の構成」を知っておくと、操作がスムーズです♪

プレゼンの作り方

文字を入力していくだけで、見栄えの良いプレゼンテーションが簡単に作れます。
「サークル」紹介のスライドを作りながら、基本の作り方がわかります♪

画像(写真・イラスト)の挿入

パワーポイントは画像(写真やイラスト)の操作がワードやエクセルより断然得意!
年賀状やチラシもパワーポイントで作る方が実はおすすめです♪

図形の挿入

図形を挿入する方法を詳しく解説。
(ワードで解説していますが、パワーポイントも同じ操作です)

\New/ 簡単!伝わる♪便利なスマートアート

文字だけより「見やすく」「伝わる」資料が簡単に作れるスマートアート。 好きな図形を選んで文字を入力するだけで一気にスキルアップします♪
スライドにもぜひ使ってください。

アニメーション

アニメーションについて

パワーポイントは文字や画像に動きをつけられるのも大きな特徴です。
いつどんな場面で使うか 、どんな動きをつけられるのか、「アニメーションの概要」がわかります。

アニメーション(操作)基本編

スライドの文字や画像に動きをつけるアニメーション。
「基本の設定方法」がわかります。

写真・イラストの編集

写真の背景削除

専用ソフトがなくても、簡単に「写真の背景を削除&透明」にできます!
チラシや掲示物を作るときにお役立ち。
背景を削除した写真と、別の背景写真を組み合わせて合成も可能!
※Word・Excel・PowerPoint共通

イラスト背景の透明化

チラシや掲示物を作るときに使える便利ワザ♪
ワンクリックで簡単に「イラスト背景を透明」にできます!
「背景の削除」との違いについても解説。
※Word・Excel・PowerPoint共通

おしゃれロゴ(写真で文字を切り抜く)

写真と文字を組み合わせておしゃれなタイトルロゴが簡単に作れます♪
パワーポイントで作って、WordやExcelに貼付け可。専用ソフト不要です。

\New/ 写真を半透明にする

写真を透明化すると、上に文字を乗せたり、全体の薄い背景として使ったりとデザインの幅が広がります♪透明度も簡単に設定できるのでおすすめ!

写真を好きな図形の形で切り抜く

挿入した写真を、好きな図形で簡単に切り抜きましょう♪
写真のどの部分を表示させるか、位置の調整もできます!
(ワードで解説していますが、パワーポイントも同じ操作です)

ワードアート(タイトル文字)

文字を強調&おしゃれにデザインするワードアート。
チラシや案内のタイトル文字、カード・年賀状作りなどに役立ちます。
(ワードで解説していますが、パワーポイントも同じ操作です)

\New/ 図形を簡単キレイに作成・移動・コピー

CtrlキーとShiftキーを使うと、図形を簡単にキレイに「作成・移動・コピー」することができます。使用頻度の高い知っておいてソンはない便利ワザです♪

無料イラストの探し方と保存方法

自分好みのイラスト素材を上手に探す方法がわかります。
好きなイラストを使って、パワーポイントで作品づくりをもっと楽しく♪

PowerPointで作ろう♪

暑中見舞いを作ろう

年賀状や暑中見舞いは、パワーポイントで作るのがおすすめ!
ワードよりイラストや文章を自由に動かせるのが最大のメリット♪
パワーポイントが初めての方でもわかるようにていねいに解説しています。

図形でイラストを描こう

「図形」を使って 木とクマのイラストを作りながら、イラスト作成に必要な基本操作から、便利ワザやステップアップのワザまでご紹介。
作ったイラストは「図として保存」して、いつでもWordなどに呼び出して使えます。動画を見ながら一緒に作ってみませんか♪

地図を作ろう

お店や自宅までの地図は「パワーポイント」で作るのがおすすめ!
図形の作成やコピーがスムーズで、ストレスなく簡単に作れます♪
完成したら「図として保存」して、ワードに貼り付けたり、拡大縮小も自由自在★

\New/ 連絡網の作り方

スマートアート機能を使うと、連絡網は簡単に作れます。
項目の追加や削除も自由自在♪ 基本がわかれば、組織図やメンバー表はもちろん、トーナメント表にも応用できます。
※Wordで解説していますが、PowerPointでも同じ操作で作れます。

目次